金属3Dプリンターの導入の悩みを解決

試作品をよりリアルな形で提案するために、金属3Dプリンターを使って作ってみるという方法があります。立体的なので詳細までよく分かるようになります。しかし金属3Dプリンターを導入するためにはコストもかかりますし。プリントアウトしたものの強度も気になってくる点です。

実際に金属3Dプリンターを導入している企業で情報を収集し、比較をしているウェブサイトがあるので、導入を考えているのであれば参考にしてみるとよいでしょう。そうすることによって導入をした際に不安に感じていることも解決させることができるかもしれません。

金属3Dプリンターの機種によっては完成品の強度も異なってくることがあります。どれくらいの強度のものであればよいのかなども検証したほうがよいでしょう。安価なものではないので、導入をする際には機種の選択はとても重要になります。どういうところにポイントを置いて選ぶのか、ということも考えてみる必要があります。

SOLIZE

おすすめ度 ★★★★★
掲載量 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★
公式サイトはコチラ

製品を設計図の段階から実際の形にするにはそれなりに費用が掛かります。SOLIZEでは金属3Dプリンター試作品製作をしてもらえます。3Dによる設計から行ってもらえ、普通に行うのに比べて低い価格で完成状態にしてもらえます。

金属などものの素材は多種にわたります。金属を使うにしても多くの種類があり、一つ一つ試していくのは大変です。SOLIZEの金属3Dプリンターサービスでは複数の素材で作ってもらえます。安い価格で適した素材を見つけられます。

金属3Dプリンターは非常に便利で、制作をしてくれる業者への依頼が多くなるときもあるでしょう。SOLIZEでは主に試作品製作などを行ってくれますが、プリンター本体の販売であったり、低価格で一定期間レンタルなどもできます。

白銅株式会社

おすすめ度 ★★★★★
掲載量 ★★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
利便性 ★★★★★
公式サイトはコチラ

白銅株式会社は最新鋭で最大級の金属3Dプリンターを使用しています。また、金属を盛り付けることによって、複雑な形状でも簡単に造形可能です。専門の会社だからこそ、それを手軽にできるというところが特徴的でもあります。

また、白銅株式会社では試作品の製造時間を大幅に短縮できるという点が魅力的です。このように様々な制度が整っているところも人気の理由と言えるでしょう。もちろん、製造時間が短縮といっても製品に不備もなく、高品質なものが出来上がります。

それから、白銅株式会社はJISQ9100の認証を取得しています。この品質規格によって高品質であるということが分かるはずです。この規格を取得していることはホームページの認定書にて確認できます。航空宇宙産業の要求事項を織り込んでいるところが特徴的です。

丸紅情報システムズ

おすすめ度 ★★★★
掲載量 ★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★
公式サイトはコチラ

製造工場で機械を導入するとなると、それなりの価格の機械を入れないといけないときもあります。丸紅情報システムズで金属3Dプリンターを導入すると、従来の種類に比べると安価に入れられるので、コストを下げることができます。

金属3Dプリンターにはいくつかの種類があり、ある程度の造形に対応したものから細かい造形に対応したものまであります。丸紅情報システムズには複雑な形状にも対応したプリンターがあるので、細かい要望に対応できるでしょう

金属3Dプリンターを導入するとき、それなりに環境を整えないといけないときもあります。丸紅情報システムズから提供されている種類は使い勝手が良いので、オフィスなどでも容易に設置ができます。いろいろなところで利用ができるでしょう。

株式会社ファソテック

おすすめ度 ★★★
掲載量 ★★★★★
サービス度 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
利便性 ★★★
公式サイトはコチラ

株式会社ファソテックでは、3Dプリント技術と金属射出成形技術を組み合わせた、まったく新しい金属3Dプリンターを開発しました。高精度の金属部品を短時間で作成でき試作には最適です。設備費用は従来の金属3Dプリンターの1/10で済む特筆ものの設備です。

この設備の特徴は、3Dプリント技術と金属射出成形技術を組み合わせた製造方法で、設計・造形・焼結・完成までを独自の技術で製造します。これは、初めて開発されたラティス構造で、金属部品の軽量化が可能となりました。

設計には付属のソフトウェア「Eiger」によって、CADのデータからのSTL をアップロードして、金属の種類を選択すれば、あとは「Eiger」が自動で簡単に造形データを作成してくれます。材料はカートリッジで供給し、材料交換が簡単にでき、金属粉末を使用しないため、防爆設備も不要になっています。

株式会社ソディック

おすすめ度 ★★★★
掲載量 ★★★
サービス度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
公式サイトはコチラ

株式会社ソディックは金属3Dプリンターを製造し、機械だけでなく材料なども販売している業者さんです。そのため、ものづくりに欠かせない機械をトータル的にサポートしてくれます。工作や産業だけでなく、食品やサプライ品、LEDやセラミックなどでも利用することが出来て便利です。

それから株式会社ソディックなら世界最高水準の機械を目指して自社開発に力を入れる事が出来る最高の技術があります。迅速な対応で先行者に利益が出る様に特許取得にも役立ちます。日本国内においても365件の実績があります。

また株式会社ソディックなら開発から商品化、それから購入後のサポートまで創業して以来、一貫して万全なサポートをしてくれるので、購入後も安心して利用する事が出来ます。

松浦機械製作所

おすすめ度 ★★★
掲載量 ★★★★
サービス度 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
利便性 ★★★★★
公式サイトはコチラ

株式会社松浦機械製作所は1935年8月に創業し、1960年9月に設立された会社です。現在の会社の本社は福井県福井市の漆原町に拠点があります。本社以外の活動拠点は埼玉県と愛知県と大阪府に営業所が、東京にフォーラムセンター、福井の武生に関連会社の工場があります。

なお営業時間や定休日は公表されていません。会社の主な事業内容は工作機械や金属光造形複合加工機の製造や販売などで、その代表的存在が金属3Dプリンターとなります。同社が販売しているハイブリッド金属3Dプリンターとリニアモータマシンはそれぞれ1種類です。

それに対してマシニングセンタが7種類、CAD/CAMが4種類となっています。ちなみに同社の製品で使用できる対応金属は全部で7種類となっています。金属3Dプリンターで使用する粉末金属なども同社で購入する必要があります。

最近注目されている金属3dプリンターの特徴と原理

金属3dプリンターというのはコンピューターによって作られた3dデーターをもとに金属の立体造形を実施することができるツールになります。ホーム用としては樹脂の立体造形を実施する3dプリンターがリーズナブルに発売されるようになっていますが、反面業者向けとしては金属3dプリンターがアグレッシブに浸透するようになっています。先進的な金属3dプリンターにおいては、造形の大きさの拡大並びに利用するレーザーを高出力化することによってありとあらゆる材料の造形ができるようになっています。それから、作業における環境を真空にすることを通して不純物の多くない製品を構築することができるようになっています。さらに従来は造形に時間が取られましたが、高出力化している金属3dプリンターは時間をかけずに造形が可能です。

3dプリンターは、データー数値と関連付けて立体的に物を作ることが可能な装置ですが、主として作り出されるのは樹脂製のものがメインでした。しかしながら、ここへ来て金属3dプリンターが現れ、金属製の物も制作することができるようになっています。3dプリンターの使い道として、従来ハンドオペレーションで作り上げていたオーダー製品並びに試作品などを制作する場合に活用されています。有利性として、3dデーターをコンピューターを利用することによって準備しそれらのものをプリンターへと送るだけで製作できることです。その結果ハンドメイドとは違い短い期間に作ることができますし、3dデーターを活用することで金型の構築も簡単に実行できるので、商品開発の期間短縮およびコスト削減ができます。

過去の3dプリンターは主として熱によって軟化する樹脂を使って積層して制作するというものでした。そして、安い価格で取り引きされている3dプリンターはこの方式で売られています。他方で粉末焼結積層造形と呼称されるスタイルがあり、この場合は粉末材料に対しレーザーをあてることを通じて、熱によって溶かして焼結させます。樹脂製でも活用されるスタイルですが、この方式の利点は材料を選ぶことがないということです。ですから、金属に関しても応対しています。金属3dプリンターのスタイルはこちらの粉末焼結積層造形によって実行されます。粉末材料を0.05ミリというような極薄に敷きレーザーを利用することによって溶かし焼結させていきます。1枚目の焼結が終了すると、焼結した厚みの相当分だけ下がって、更にレーザーによって焼結するといったタスクを重ねあわせることで立体物を作ります。